ホーム > 会社案内 > 会社沿革

会社案内


    会社沿革

昭和21年 関鉄工所設立
初代社長 関 竹雄
カメラ部品の機械加工工場としてスタート
昭和43年 水戸機器株式会社(現取引先)とカメラ組立ての取引開始
昭和54年 太田工場設立
カメラ組立て工場としてスタート
本社工場増設
二代目社長 関 國廣 就任
中利工場設立
カメラ本体(アルミダイキャスト)の仕上げ工場としてスタート
平成元年 太田工場移転増設
デジタルカメラ製造に手がける
平成3年 サクセス関に社名変更
資本金 1000万円
小木津工場設立
コンパクトカメラ組立て製造工場としてスタート
富士フイルム製品「写るんです」のストロボ自動組立てを開始する
平成7年 小木津工場増設
管理業務 コンピューター化導入 ネットワーク構築
平成14年 久慈浜工場設立
デジタルカメラ用ファインダー組み立て工場としてスタート
平成15年 小木津工場増設
役員改正
 会長 関 國廣  就任
 社長 関 昇   就任
 専務 関 力男  就任
平成26年 役員改正
 会長 関 昇   就任
 社長 関 力男  就任